無料相談会に申し込む  中3生募集中!!

 
  
 
【 学習塾にこんなご不満や、ご希望はありませんか? 】
 
【ご不満】
・お子さんが塾を嫌がっている
・塾がつまらない
・勉強が楽しくない
・先生と合わない
・成績が思うように伸びない
 
ご希望
・我が子の個性や才能をみつけ、大きく伸ばしてあげたい
・学校の成績アップや志望校合格は大前提。
 だがそれ以上に、社会に出て幸せに生き、
 活躍できる人に育ってほしい!!
 
 
【 ワクワク塾がなぜこれらのご不満を解消し、ご希望に沿えるのか】 
 

 

 
 
『勉強って我慢してやるものだと思っていませんか?』
 
いえいえ。 そんな事ありません。
楽しいから学ぶんです!!
 
「知りたい」という知識欲は人間の脳の三大欲求の一つです。
「生きたい」「友達と仲良くしたい」と同じように、「知りたい」はずです。
あなたや、あなたのお子さんも、何かを「知りたい」って普通に思いますよね?
 
なのに学校の勉強がつまらない子がたくさんいます。
 
その原因は、一番最初にしなければならない
重要なことを無視しているからです。
それは
子供達に「学ぶ楽しさ」を経験させてあげることです。
「学ぶ楽しさ」=「その子が学びに取り組む理由」です。
 
本来「学び」は広々として豊かな世界です。
しかし標準的な学校や塾の教育では、
学習指導要領で切り取った狭い範囲を
決められた順番でしか教えません。
 
これでは「学び」の全体像が見えないので
「何が面白いのか?」わからなくて当然です。
なのに、面白くないものをひたすら覚えさせられます。
 
これでは、勉強ができるかどうかは
お子さんの能力の差というよりも、
面白くない事を、従順に訓練できるかどうかという
順応力や忍耐力の差になってしまいます。
 


 
例えば、お子さんがバレー部に入ったとします。
基礎教育の内容は、運動で言えば
「体力づくりの走り込み」の部分です。
 
体力づくりも確かにバレーに必要ですが、
毎日走り込みしかさせてもらえなかったら
バレーがつまらなくなってしまいます。
 
大切なのは、下手でも良いから
最初にバレーのゲーム(バレーの全体像)を
楽しませてあげることです。
 
もちろん最初はうまくできません。
「でもバレーは楽しい!!」と感じたら
「もっとやりたい」
「もっと上手くなりたい」と思います。
 
そのためには、体力も必要だとわかります。
すると、自分から積極的に「基礎練」をします。
自発的にやるからグングン上達します。
逆に、「嫌いややらされている子」は上手くなりませんよね?
 
楽しいか、嫌いやかで
上達のスピードはトラクターとスポーツカーくらい違います。
 

 
楽しくない勉強を、我慢してやらされて伸びないのは
その子の能力がないからではありません。
トラクターで頑張らされているからです!
 
ワクワク塾では、まず最初にスポーツカーに乗り換えます。
その子のワクワクすることを題材にして
「学ぶ楽しさ」=「その子が学びに取り組む理由」を見つけます。
そしたら学校の成績(基礎)も、
広い学びの実力(真の学力)もグングン伸ばせます。
 
『ワクワク』という感情を手がかりに
「お子さんが学びに取り組む理由」を見つける方法について、
詳しくは無料相談会でご説明いたします。
 

無料相談会に申し込む  中3生募集中!!

 
 

 
『失敗こそ成功への近道』
〜一度つまづいたら、もうやり直せないの?〜
 
いえいえ、そんなことは全くありません!!
 
本当の「学び」は、とても広々として豊かなものです。
しかし一般的な学校や塾の教育は、
せまい一本道の上を、一方向に歩かせます。
一度つまづくと、なかなか前に進めないようになっています。
 
学びは狭い一本道ではありません。
入り口も一つではありません。
どこからでも、どの方向からでも、何度でも、
豊かな学びの世界に入っていけます。
 
今の不自然な教育を、従順に、疑問を持たず、ただ受け入れる子よりも、
それに疑問を持って立ち止まった子の方が
むしろ正しいセンスを持っているのではないでしょうか?
 
そのセンスを大切にして、伸ばしてあげませんか?
 
ワクワク塾は、お子さんが広々とした、豊かな学びの世界を
自分の意思で進んでいける力を育みます。
 

 
一般的な教育の最大の不自然さは、失敗の価値を認めないことです。
 
「正解と不正解」「○と×」で評価すると、
 
「×は悪い事だ」
「×は無価値なことだ」
「無かったことにしたい」「隠したい」「叱られる」「否定される」
と感じるようになります。
 
異常に失敗を恐れる子になってしまいます。
 
どうしたら失敗(×)を避けられますか?
 
究極、何もやらなければ失敗しません。
簡単にできることしかやらない子になります。
新しい事にトライしない子になります。
 
これでは成長が止まってしまいます。
 
それは学力に限らず、生き方そのものに影響します。
自分が慣れ親しんだ狭いコミュニティーから出なくなります。
「内側の世界」が平穏なことが一番。
外の世界に無関心になります。
人間関係の「健全な摩擦」を避けるようになります。
学力だけでなく、現実と向き合って生きる力が痩せ細ってしまいます。
 
 

 
一度つまづいて、挫折を経験した子の方が大きく伸びる可能性を秘めています!!
つまづいた子は、まだつまづいていない子より
一歩先をリードしています。
より成功に近づいています。
そこでやめたらもったいない!!
 
ワクワク塾で、その先へ行ってみませんか?!
 
無料相談会に申し込む  中3生募集中!!

 
 

 
 『成績アップや志望校合格は当然です!! ......が、』

 
それももちろん大切です。
親御さんの当然の願いですね。
 
当塾もお子さんの成績がアップして、
お子さんが将来につながる進学先を自分で選んで
進んでいけるようになる事をお約束します。
 
ですが、目先の結果(志望校合格)にとらわれるあまり、
本来の目的(お子さんのより良い人生)を見失っている
親御さんや教育者が多いのです。
 
・文科省の教育制度改革『真の学力の3要素』
・2020から大学入試が変わる
 それに応じて高校、中学の授業が変わってくる
 
なんてことをご存知の親御さんも多いと思います。
さらに事情に詳しい親御さんはこうおっしゃいます。
 
「そうは言っても急に入試は変わらない」
「入試問題を作る先生に『真の学力』に対応する資質がないから」
「だから、うちの子の受験はこれまでの塾で乗り切れる」
 
はい。おっしゃる通りです。
3年先の高校合格だけが目的なら間違いではありません。
 
ですが、お子さんが巣立っていく社会の
現実に目を向けてみてください。
 
社会はものすごい勢いで変わっています。
「AI(人工知能)に仕事を奪われる」なんて話を耳にしますね。
 
従来の教育
「暗記していれば正解できる」や、
「解き方を訓練すれば正解できる」は、
AIが一瞬で身につけてしまう得意分野です。
 
ですから、従来の学力を鍛えたエリートである医者、弁護士、
製薬研究者などでさえ、ごく一部のキーパーソンを除いて不要になります。
 
ケータイが普及したら、街から公衆電話が消えたように
AIでもできる学力しか身につけなかった人の仕事も消えます。
10数年後には、今ある職業の65%がなくなるという予測があります。
 

 
ですが、人間の仕事がなくなるわけではありません。
人間にしかできない仕事が次々と生まれてきます。
それに対応できる学力を身につけた人にはチャンスだらけです。
 
なのに今、AIが得意な学力だけを
一生懸命鍛えてどうするのでしょう?
 
お子さんが、激しく変化し続ける社会の中で
自分らしく、幸せに生きていくために必要な力を
『真の学力』とするならば、それは
「変わり続ける力」です。
「学び続ける力」です。
「周りと同じだから安心するのではなく、自分の頭で考えて、行動する力」です。
 
塾長は、激しく変化し続ける社会の中で変化し続け、
自分らしさを生かしながら、学び続けることを実践しています。
そんな塾長だからこそ提供できる質の高い教育で
お子さんの『真の学力』を伸ばすのがワクワク塾です。
 
 
お金を払って、送り迎えをして、
大切なお子さんを通わせる塾です。
学校で教える範囲の知識をちょっと先取りして訓練するだけの塾で満足ですか?
「高校合格」という目先の結果は出ても、
たった10数年先の未来にさえ対応できない教育で、本当に良いですか?


お子さんが将来、社会の中で幸せに生きるために必要な学力。
いつからその準備をさせてあげたら良いですか?
 
気づいた人から始めています。
今がチャンスです。
 
 

 
無料相談会に申し込む  中3生募集中!!

 

 
 

【 塾長の自己紹介  〜なぜ私が『ワクワク塾』を創ったのか〜 】

 

 『ワクワク塾』塾長の福田歩(ふくだ あゆむ)です。
 
私は子供の頃から生き物が好きで、その興味を素直に伸ばしました。
東京大学で農学博士となり、
製薬会社に就職して13年間薬の研究をしました。
世の親御さんからすれば「成功したケース」と思われるかもしれません。
しかし、それで私が幸せになれたかというと、
そう単純ではありませんでした。
 
最初こそ私の専門技術が必要なプロジェクトに迎えられ
研究者として幸せでした。
しかし、何度か部署異動を命じられるうちに、
気が付くと全く興味の湧かない仕事に忙殺され、
鬱(うつ)になりました。
 
その時に『ソース (source:源)』というプログラムに出会い、
「ワクワク」という感覚を頼りに、
自分は本当は何をしたいのか?
どんな才能を持っているのか?
その才能をどう使って生きたら幸せなのかを見つめ直しました。
 
そして、自立して生きていくことを選びました。
学歴や、20年以上かけて磨いた専門技術を
一度ぜんぶ手放して、新しく学んだ整体の技術で
人々の健康のお役に立つ道を選びなおしました。
 
13年間いちども患者さんの声を聞かずに
実験室の中だけで研究していた頃よりも、
毎日人々のお悩みを聴き、施術している今の方が
私は幸せです。
 
 
そんな私が学習塾を始める理由が2つあります。
 
一つは、教えることが私のワクワクであり、
類まれな才能であり、
ライフワークだと自覚しているからです。
 
もう一つは、世界の最先端から街の整体院まで、
大企業から個人事業主まで、
幅広い経験や、対極的な立場で働いて理解した、
幸せに生きるために必要な「資質」を
未来を担う子供達に伝えたいからです。
 
それはもちろん『真の学力』です。
 
社会がどんなに激しく変化しても、
成長に伴って自分の興味の対象が変わっても、
自分らしさを犠牲にすることなく
自分の意思で選んで
社会の中で幸せに生きていくためには、
常に新しい知識を学び続けていく必要があります。
失敗を恐れず、新しいことに挑んでいかなくてはなりません。
 
そして、それはとても楽しいことなのです。
 
子供達に『真の学力』の基礎を身につけて
社会に巣立っていってほしい。
そのために『ワクワク塾』を創りました。
 
  
 
 

 
塾長の人となりにご興味がある方は、下のトーク番組をご覧ください。
ワクワク塾についてはラスト15分ほどでお話しています。
 

 

無料相談会に申し込む 中3生募集中!!

 


 
 「知りたい」という学習欲は、「生きたい」、「仲間になりたい」と並んで、人間の脳が持つ三大欲求の一つだとされています。
つまり、人間にとって学ぶことは楽しいことなのです。
ところが、学ぶことがつまらないと感じている子が多いのは何故でしょうか?
 
それは、お子さん本人の興味を無視して、決められたカリキュラムを押し付けられ続けたため、「学習 = 興味のないことに耐えること」という認識ができているためです。
また、「正解 = 良いこと、大人から褒められ評価されること」、「不正解 = 悪いこと、大人から叱られ、否定されること」という賞罰の価値観を植え付けられることも、本来の学ぶ楽しさを見失う大きな要因ではないでしょうか。
 
もちろん、基礎教育のカリキュラムを学ぶことは大切なことですが、物には順序があります。
一番最初に必要なことは、「学ぶって楽しい!!」 という人間本来の喜びを満たすことです。
そのためには、決められたカリキュラムや賞罰の価値観はひとまず置いておいて、お子さんが心から学ぶ楽しさを味わう体験をさせてあげることが大切です。
一度学ぶ楽しさを覚えた子は、トラクターからスポーツカーに乗り換えたかのようにグングン学力を伸ばすので、心配いりません。
 

 


 学ぶ楽しさに気付くために、当塾ではお子さん一人ひとりに「ワクワク」という感覚を思い出してもらうことから始めます。
ワクワクすることは人それぞれ違います。その子がワクワクすることは、その子の才能に直結しています。
つまり、その子の才能に関係した学習を通して「学ぶって楽しい!!」を体験します。
 
 マイク・マクマナスという教育者が、アメリカの中学3年生(英語では8年生)の、いわゆる「問題児クラス」を受け持ちました。
一人ひとりのワクワクすることを題材に学ばせたところ、誰一人学校を休まなくなり、自主的に学ぶようになり、自己肯定感が高まり、他の生徒の人格を尊重するようになり、卒業試験の成績では群を抜いてトップのクラスになりました。
 
 マクマナス氏はこの教育法を発展させて『ソース(source:源)』という大人向けのプログラムを開発しました。
ワクワクという感覚を利用して自分の個性や才能に気付き、それを最大限活用した生き方にシフトするためのプログラムで、全米で2万人、日本でも1万人以上が受講している実績のあるプログラムです。
塾長はソースの公認トレーナーです。
 
 子供達にはソースの体験会を通して、自分の才能を表す「ワクワクカード」を作ってもらいます。
すると学びの中に、自分のワクワク(才能)との結びつきを見つけやすくなり、学ぶことが楽しくなり、将来やりたいことや、就きたい仕事、目標とする人物が見つかり、理想を叶えるために必要な学びを積極的にするようになります。
「学ぶ楽しさ」と「学ぶ目的」を手に入れた子の学力が伸びるのは当たり前です。
 

 


 
 塾長は『ナチュラルメディカル高崎  ~心も身体も、その人全体を観る整体院~』の院長です。
整体院にはお母様方がお子さんを連れてきます。
今の子は「ITネイティブ」です。スマホやタブレットの使い方に長けているのは良いのですが、姿勢が悪い子が増えています。
頭痛、肩こり、集中できない、眠れない、学校に行けない……などのご相談を受けます。
 
姿勢が悪いと脳の血流が悪くなるのでイライラし、集中力が低下します。
また、空間認知能力など、運動機能も低下します。
 
整体師の立場から見ると、姿勢が悪いままで勉強を頑張らせるなんて「無茶振り」です。
逆に、姿勢の良い子が文武両道になるのは自然なことです。
 
ですから当塾では、月謝の範囲内で、月に一度お子さんの施術をさせていただきます。
施術だけでなく、食事や運動の大切さも伝え、健やかに学力が向上するための心と身体を整えます。
また、授業の前後に軽い体操をして、自分で姿勢を整えたり、集中力を高められるようにします。
 
 お子様の学力の伸びと切っても切り離せない問題に、「やる気がおきない」、「集中できない」、「体調が悪い」、「先生と合わない」など、心や身体と関係した問題がたくさんあります。
中学生は、心も身体も大きく変化して、不安定になりがちな年頃ですね。
なのに、ほとんどの子は心や身体の問題を専門家にケアしてもらえないまま、ただ「勉強頑張りなさい」と言われているのではないでしょうか?
勉強を教えるのがうまい先生はどこにでもいますが、心と身体の専門知識を持ち、具体的なケアができ、なおかつ教えるのが上手な先生はなかなかいないでしょう。
当塾は、一人ひとりのお子様を注意深く観察し、「心・身体・学力」が健やかに伸びるように寄り添います。
また、親御さんとの双方向の連絡も大切にします。
 

無料相談会に申し込む 中3生募集中!!

 
 塾長は教えることがワクワクであり、ライフワークです。学生時代に6年間、塾の講師をしていました。そのうち3年間は、友人と一緒に塾を経営しました。
もちろん私一人の力ではありませんが、教え子は皆学力が伸び、全員第一志望の高校に合格しました。
また、大人数のクラスに馴染めない子に「福田先生なら」と言われて個別授業を担当することが多々ありました。
 
製薬会社に就職してからは、小・中・高校生を対象に理科教室を開催し、都立高校の単位に認定される授業も担当しました。
現在は施術学校のインストラクターとして講義をし、普段は整体院のクライアントさんに体の仕組みやセルフケアの方法などをお伝えしています。
 
 どんな場所で誰が相手でも「説明がとてもわかりやすい」と言われます。
その理由は、子供の頃に読んだタイムトリップの児童小説が面白くて「目の前のものを江戸時代の人に説明するにはどうやって伝えるか?」を空想するのが趣味だったからです。
 
どんなに難しいことでも
・本質はシンプルな骨組みに要約できる
・その骨組みを順序立てて伝える
・例え話や、身近な類似の例、興味を引く雑学などを引用して伝える
・模型やジェスチャーなどを使って伝える
・別の表現方法を使って、別の角度からも繰り返して説明する
というやり方をすれば理解してもらえます。
 

 全ての教科が伸びる土台になり、短期間に付け焼き刃で伸ばすことができないのが国語(特に現代文)の読解力です。 なので、当塾では国語の教育を特に重視します。
市販の問題集も使いますが、ときには新聞、雑誌、ネットのニュースやコラム、エッセイ、論説文など、幅広い分野の読み物を題材にします。
 
 その文章を読んで何がわかったか、どう考えたか、筆者が伝えたいことは何かをディスカッション形式で話し合い、理解を深めます。
それによって読解力、論理的思考、コミュニケーション能力、社会と関わる力が育ちます。
教科書や問題集の範囲に止まらず様々なトピックに触れることで、子供達の世界が豊かに広がります。
「難問」の部類の問題にも、「あれ? どこかで聞いたことがあるぞ?」と洞察力を働かせることが可能になります。
 
 また、実社会で起きているあらゆる事柄に国数英理社の知識が関係していることに気づき、「学ぶ理由」に気づくきっかけとなります。
 

 

 平日に行う5教科の授業に加えて、当塾では月に1度、週末を利用して半日~1日の『脳力』という特別授業をさせていただきます。もちろん月謝の範囲内で。
 
 学校での成績が上がることや、高校受験に合格するための学力をつけることは当たり前ですが、それだけを目的にしてしまうと子供達の学力はやせ細ってしまいます。
 
 何のために学力をつける必要があるのかというと、時代は激しく変わっていくので、お子さんが将来幸せに生き、社会のなかで活躍していくためには、大人になってからも学び続ける必要があるからです。
 
そのためには、試験で正しい解答ができる学力よりも、正解のない問いに向き合う能力の方が重要です。未知の事に挑む能力、周りの人と協力して取り組む能力、失敗に価値があることを実体験として理解していることなど、様々な「学力」が必要になってきます。
こうした真の学力は一生かけて、自分で養っていくものですが、その基礎を早いうちからつけさせてあげることは、大人が子供にしてあげられる最高のプレゼントではないかと思います。
 
『脳力』の授業は、ご希望があれば親御さんにもご参加いただけます。
 


 
『脳力』の内容についてより詳しく知りたい方はこちら
 ↓↓
https://ameblo.jp/natural-medical-takasaki/entry-12454989584.html
 

無料相談会に申し込む 中3生募集中!!
 
 
【 基本情報 】 
 
● 毎月の授業のイメージ

 
 
・「脳力」はご希望があれば親御さんにもご参加いただけます。
 (親御さんの参加費は材料費、会場費等によって変動する為、その都度、前もってご案内いたします。)
 
・お子さんの「脳力」の授業料は毎月の月謝に含まれますが、
 「調べ物に必要な本が欲しい」、「野外活動にウィンドブレーカーが欲しい」など、
 お子さんからの要望があるかもしれません。
 脳力授業の内容や目的、得られる価値などは前もってご連絡いたしますので、
 親御さんのご判断で可能な範囲でご助力ください。
 
・親御さんからのリクエストがあれば、
 「我が子に文武両道になって欲しいお母さんのための食事学講座」や
 PTAなどでの講演のご依頼もお受けいたします。
 
 
● 費用
入塾料:16,000円
   (1万円がテキスト代。6000円の部分は入塾の月に応じて月割りで減額)
 
テキスト代:2年目以降は4月に 10,000円
 
月謝:
1年生は 35,000円
  平日の5教科60分、月に一度の「脳力授業」、整体を含む
 
2年生は40,000円
 平日の5教科90分、月に一度の「脳力授業」、整体を含む
 
3年生は 40,000円(基本) + オプション授業
 ・基本:平日の5教科90分、月に一度の整体
 ・オプション授業(第一日曜日)
  午前7,000円:「脳力」の要素を取り入れた特別授業
  午後5,000円:試験問題を解くトレーニング
  午前・午後セット10,000円
 
 
【 ご希望の方に、無料相談会を随時おこなっています 】
  お子様の教育についてのお悩み、塾に希望されることやご心配なこと、お子様の心身の健康のことなど、お気軽にご相談ください。
当塾の詳細についいてもご説明いたします。
 
・ お子さんとご一緒でも、保護者の方のみでも大丈夫です。
・ 1時間ほどの面談を予定していますが、必要に応じて延長もいたします。
・ 相談会は日曜日以外の9時〜20時まで受け付けております。
・「無料相談会に申し込む」に進み、ご希望の日時を第三希望までお伝えください。
  また、保護者様のお名前、返信用のメールアドレス等を入力してお申し込みください。
 
無料相談会に申し込む 中3生募集中!!

 

【 整体部 営業日 】


(日曜定休、祝日営業)
 
 

  
 
 【拡大地図を表示】
 
群馬県高崎市江木町463-14 レジデンス江木 101
☎︎ 027-368-2762
整体部:『ナチュラルメディカル高崎』
教育部:『ワクワク塾』
 

  • ● 高崎駅東口から徒歩15分
  • ● 高崎駅東口よりバスで6分(ぐるりん京ヶ島線)
  •  江木町バス停下車 徒歩40秒
  • ● 関越自動車道 高崎ICから車で7分
  • ● 駐車場 店舗前に2台